COMPANY

企業情報

ホーム >  企業情報
ウェットプロセス装置エキスパートという誇り

ABOUT US

高度情報化社会が急速に進行する中でマルチメディア機器の発展は目覚しく、携帯端末機器の高性能化と軽量、薄型、小型化の要求がさらに高まってきています。プリント基板もこれらの要求に答えるべく常に進化し続けています。

二宮システムでは長年培ってきた現像、エッチングのファイン化技術をベースに各種ウェットプロセス装置を製作し、実績を積み重ねてまいりました。また、フラットディスプレー業界においてもLCD・PDPの洗浄装置をはじめとするクリーン度を要求されるウェットラインを製作しております。

二宮システムはエレクトロニクス業界の急速な技術革新に対し、迅速な対応と積極的な新製品開発に努め、お客様のニーズに合った製品を作り続けていきたいと考えております。

株式会社 二宮システム
代表取締役

ニ河 啓

「二宮システム」「3つの誇り」

NINOMIYA PRIDE

1ファイン化技術

ノズル配列、ノズル特性、おシミュレーション、圧力調整等、総合的に組み合わせて設計しないとファインは再現できません。

2薄板搬送技術

薄板をダメージ無く搬送するには、経験と実績が不可欠です。二宮システムでは創意工夫を加え、確実な搬送を実現しました。

3高信頼性

より高いレベルを目指して作られた装置は、お客様に安心してご利用頂けます。
二宮システムは装置作りに手を抜きません。

会社概要 & 会社沿革

OUTLINE & HISTORY

商号 株式会社 二宮システム
所在地 〒555-0034
大阪市西淀川区福町1丁目10番17号
TEL : 06-6472-0126
FAX : 06-4808-3166

資本金 ¥30,000,000
代表者 代表取締役 ニ河 啓(にこう ひらく)
従業員数 41名
業務内容 ・プリント基板・液晶・半導体製造装置全般設計、製作、販売
・監視盤・配電盤・各種自動制御装置、その他電気制御置、計装盤、及び 計測器、継電器の設計製作、販売
・電気設備工事、電気配線工事の設計、監理並びに施工
・コンピューターソフトウェアの開発販売
・前符号に付帯する一切の業務

1983.8 ニ宮電気として現社長 ニ河啓が資本金5,000,000で設立
1988.11 株式会社ニ宮システムに社名変更
1995.12 資本金 10,000,000に増資
2000.1 事業拡大の為、本社工場を現所在地に社屋移転し、関連設備拡充
2000.6 資本金30,000,000に増資
2002.12 隣地購入
2004.5 第2工場 開設
2008.6 ISO 9001取得
2009.1 ISO 14001取得
2009.6 ラボ工場購入
2010.4 セーフティサブアセッサ取得
2011.12 ラボ工場開設